匠の化粧筆コスメ堂【熊野筆 洗顔ブラシ】熊野筆 ノーマル洗顔ブラシ 山羊毛=細長峰 天然毛100%(やわらかめ)/ お誕生日のプレゼントやギフトにも人気【メイクブラシ 熊野化粧筆 化粧ブラシ おすすめ くまのふで クマの筆 熊の筆 筆洗顔 泡立て ポイント消化】日本製

   

お得なセットはこちら 熊野筆 ノーマル洗顔ブラシ (山羊毛=細長峰100%) やわらかめ E-24の紹介 ・穂先は天然毛100%、やさしい肌触りの高級原毛【細長峰(山羊毛)】を使用。

・程良い弾力でしっかりと毛穴の汚れを落とします。

・洗顔ブラシで皮脂テカ撃退! ・この洗顔ブラシももちろん、熊野の筆職人さんが心をこめて作ったものです。

・自然のままの先細りの毛先をいかし、毛先をカットしない独自の製法で作っていますので、肌触りもやさしく、毛穴の汚れやザラツキをしっかり落とします。

・女性はもちろん、男性にもオススメのコスメ堂イチオシグッズです。

・使用後、乾燥させやすい便利な吊り下げ用ひもも付いています。

・ ハンドルが木製からアクリルに変更になって、水ぬれにも安心。

・詳しいご使用方法は商品に同封の取り扱い説明書をよくお読み下さい。

熊野筆 ノーマル洗顔ブラシ (山羊毛=細長峰100%) やわらかめ E-24の詳細E ・原毛:細長峰100%(山羊毛) ・軸:アクリル樹脂 金具:アルミ(ピンクorブロンズ) ・全長:約106mm 毛丈:約38mm ・日本製(広島県熊野町) ※ ご注意 ※ 刺激に敏感な方へ 当洗顔ブラシは「やわらかめ」ですが、やはり手のひらや指で洗うのに比べると刺激があります。

刺激に極端に弱い方は、ブラシで直接お肌にあてず、ブラシで作った泡を手に取って、手で洗顔していただくか、ご使用をお控え下さい。

  ※ ご注意 ※ 毛の匂いについて 当商品は天然毛の山羊毛を使用しているため、獣毛特有の匂いがございます。

特に水にぬれると匂いがきつく感じられますが、何度かご使用いただくうち、次第に薄れてきます。

どうか予めご了承ください。

  ▼ 最新 お客様の声 ▼ 店舗内検索用キーワード  【洗顔ブラシ】【細長峰】 熊野筆 とは? 広島県安芸郡熊野町で生産されている筆のことで、日本の筆生産量の80%を占めていて、熊野町は「筆の里」として有名です。

江戸時代から続く伝統の技術を活かして制作された熊野の化粧筆は、国内の有名化粧品会社はもちろん、海外の化粧品会社の自社ブランド製品にも採用され、その品質は世界的にも高い評価を受けています。

2011年には、その品質の良さが認められ、なでしこジャパンに国民栄誉賞の副賞として贈られたこともあって、一般的にも良く知られるようになりました。

「熊野筆(くまのふで)」の名称は、団体商標に登録されているため、熊野筆事業協同組合の許可を得たメーカーのもののみに使用が許されています。

洗顔用だけでなく、海藻パックや泥パックなどをに塗るのにも便利。

スパチュラなどで塗るよりもむらなく、手早くスーッと塗れます。

固めのパックより、水で溶くタイプのほうが塗りやすい濃度に調整できるのでオススメ。

ブラシを塗らしてから洗顔料を取り、手のひらでしっかり泡立てます。

(泡がピンと立つぐらい) 固形石鹸の場合はせっけんの上で直接泡立ててください。

ブラシで泡を取って、あらかじめお水やお湯でぬらしておいたお顔にのせて、くるくると円を描くようにやさしく洗って下さい。

Tゾーンなど毛穴の汚れの気になるところは、毛先だけを当てる感じで小刻みに動かしてください。

こうすると、毛先が毛穴に入って汚れを掻き出し、さっぱり洗い上がります。

毛穴が気になる方は、毛穴が開きやすい入浴中のご使用が効果的。

さらに念入りに洗顔していただくには、 ブラシで洗ったあと、お顔についた泡をそのままにしたまま もう一度手のひらでお顔全体をやさしく洗ってください。

指が顔に触れるか触れないかぐらいのやさしさで泡だけで洗うようにするとさっぱり仕上がります。

混合肌や乾燥肌の方はTゾーンなど、毛穴の汚れが気になる場所にのみお使い下さい。

また刺激に極端に敏感な方はご使用にならないでください。

すすぎは手を使って洗顔料が残らないようしっかりとお顔をすすいで下さい。

(お肌のためにはすすぎはとても重要です) 洗顔後はすぐに化粧水や乳液などでしっかり保湿してください。

ご使用後について ご使用後のブラシは、水かぬるま湯で洗浄し、 穂先の水分を取って、写真のように穂先が下になるように 吊り下げて乾燥させてください。

キメ細かな泡とブラシの程良い弾力でしっかりと毛穴の汚れを落とします。

洗顔ブラシを使うとなぜいいの? ブラシを使うと、きめの細かいたっぷりの泡で、洗顔料が毛先が毛穴の中まで入って汚れを掻きだすので毎日の手洗い洗顔だけでは落ちにくい毛穴の汚れをきれいにします。

ブラシの使い方のコツは? ブラシを寝かして使うのではなく、顔に対してなるべく垂直に毛先が当たるようにして 力を入れすぎず、やさしく小刻みに動かすのが、スッキリ洗うコツです。

顔にしか使ってはいけないものですか? 顔以外にもお使いいただけます。

入浴にお使いの場合は、 洗顔のついでにデコルテ部分も洗っていただくと良いと思います。

どんな肌質でも使用できますか? 刺激に敏感な方は、使用頻度を落とし、軽めに洗顔していただくか 泡立て用としてお使いいただき、泡立てた泡を手にとって手で洗顔してください。

混合肌や乾燥肌の方は、 Tゾーンなど汚れの気になる部分にだけお使いいただくことをオススメします。

また、お肌の調子の悪いときはご使用をお控え下さい。

ブラシのお手入れ方法は? 穂先に洗顔料が残らないよう、穂先の中まで流水で洗い、 穂先の根本から毛先に向かってしっかり絞って水気を切ってから、 風通しの良いところで、穂先が下になるようにブラシを吊り下げて陰干しします。

ハンドルを持って穂先をを振って金具の中の水気を飛ばすと早く乾きます。

穂先の油分が抜けてパサツキが気になってきたらブラシをすすいだあとに、 椿油を数滴たらした水にくぐらせてから乾燥させるとしっとりします。

髪用のリンスでも代用可能です。

乾かさずにせっけんがついた状態で塗れたままにしておくと、 金具内部にカビが発生し、毛切れ・抜け毛ををおこし、使えなくなってしまいます。

何より衛生面で問題が生じるので放置しないようご注意下さい。

ブラシの交換時期は? ご使用の頻度やご使用方法などによって寿命は変わるので 一概には申し上げられませんが、おおむね1年程度です。

水に濡らすものなので、ハウダー用などの通常のメイクブラシよりは寿命は短めです。

毛先はお使いになるうちに摩耗してきます。

刺激を感じるようになってきたり、風合いが明らかに変わってきたらお取り替え時期です。

毛先が摩耗して洗顔には使えなくなったあとは、泡立て用ブラシとしてもお使いいただけます。

  • 商品価格:2,916円
  • レビュー件数:632件
  • レビュー平均:4.43(5点満点)

洗顔ブラシ 関連ツイート